自分から振ったのに寂しい!辛いのはなぜ?元彼へ未練タラタラなら復縁へ

 

「自分から振ったのに寂しい…辛いのはなぜなんだろう。元彼へ未練があるのかな」

 

別れたあと元彼のことばかり考えたり、付き合っていた頃のことばかり思い出していませんか。

自分から振ったのにこんなに寂しい思いをするなんて、思っていなかったのではないでしょうか。

 

「これって未練なの?まだ好きってこと?」と悩んでいると、元彼との復縁も浮かんできますよね。

 

今回は、自分から振ったのに寂しいし辛いのはなぜなのか、元彼へ未練タラタラなら復縁するべきなのか、についてお話ししていきます。

 

振ったのにモヤモヤする時は、なぜ別れたのかを考えることも大事です。

その上で自分から別れたけど好きなら復縁もアリですよね。

 

復縁するかしないかを考えながら、参考にしてみてくださいね。

 

自分から振ったのに寂しいのはなぜ?振ったのにモヤモヤする理由は?

自分から振ったのに寂しい!辛いのはなぜ?元彼へ未練タラタラなら復縁へ

 

自分から別れたのに、元彼のことを考えて辛い毎日を送っていませんか。

その気持ちはまるで元彼のことを忘れられなくて、別れたことを後悔しているみたいですよね。

 

果たしてあなたは、元彼へ未練があるのでしょうか。

その答えは、別れた理由を掘り下げて「なぜ別れようと思ったのか」自分の気持ちを探ることでみえてきます。

 

別れを決めたときの気持ちを覚えていますか?

もし勢いで別れを決めたのなら、その時の気持ちから思い出してみてくださいね。

 

①:元彼との付き合いに飽きていたから

 

元彼との付き合いに、どこか飽きていたのではないでしょうか。

一緒にいてもときめきはなく、家族みたいになっていた関係に「このままでいいの?」と疑問に思っていたのかも。

 

その場合、マンネリ化していたことで別れを決めたと思います。

でも実際に離れてみて、元彼の大切さが身に染みてきたのではないでしょうか。

 

自分のモノだと思っていた人が他の女性といるところを見たりしたら、このまま元彼が他人のものになるのは嫌ですよね。

元彼を失うことへの危機感を感じているのかもしれません。

 

②:彼から愛されいるか分からなくて不安になったから

 

付き合っている時に彼の言葉や態度から愛されていることを感じなかったから、別れを決めたのではないですか?

 

その場合、先の見えない不安で押しつぶされそうになっていたんだと思います。

自分のことを優先に考えてくれなかったり、仕事が大事でドタキャンされたり。

 

そんな時の元彼のフォローの言葉もなくて、自分だけが我慢をしているような気持ちになったのかもしれません。

 

そんな彼との将来が見えなくていつか彼との結婚を考えていたあなたにとっては、辛い別れの選択でしたよね。

別れてからもまだ彼が好きという気持ちが残っているのかもしれませんね。

 

③:付き合っている時に他の女性の影が見えたから

 

付き合っている時に、彼の浮気性などは気になりませんでしたか?

彼は気づかれないようにしているつもりでも、女性はだいたい気づいているものです。

 

あなたが彼のそんな浮気性を我慢していたとしたら、別れる時はとっても辛かったと思います。

 

別れたらもう気にならないと思っていたのかもしれません。

でも、元彼を思う気持ちが残っていたらやっぱり今も気になりますよね。

 

でも、今はもうあなたのものではない彼に、他の女性が近づいても何にも言えません。

彼の隣が自分ではなくなった現実を、ジワジワと感じているのかもしれません。

 

自分から別れたけど好きなら復縁もアリ?振った側の喪失感の場合も

自分から振ったのに寂しい!辛いのはなぜ?元彼へ未練タラタラなら復縁へ

 

自分から別れたのに元彼が気になるのは、何だか後ろ向きで嫌なものですよね。

スッキリして前へ進みましょう!

 

そのためには、なぜ元彼を気になるのか自分に問いかけ、元彼への気持ちが「執着」なのか「愛情」なのかをはっきりさせましょう。

 

過去への執着だとしたら復縁をする必要はありませんし、早く吹っ切って前を向くべきです。

 

でも元彼への気持ちが「愛情」なのだとしたら、復縁をすることも考えていきましょう。

自分から別れたとしても本当の気持ちに気づいたのなら、行動しないと後悔します。

 

別れた彼への気持ちが執着だった場合

 

執着とは1つのことにとらわれて、そこから離れられないことです。

 

何かを失う怖さを感じると、人間は手放すことができなくなりますよね。

執着かどうかの判断は、元彼ともし復縁したらと想像することで少し見えてくることがあります。

 

今のままやり直したとしたら、果たして上手くいくのでしょうか。

 

たとえば、別れた時の理由が解消されていなかったとしたら、また同じことの繰り返しです。

もし、元彼の何かが嫌いで別れたんだとしたら、今は嫌だと思ったところを許せると思いますか?

 

許せないとしたらそれを改善する必要があります。

でも、そこまでして彼にこだわるつもりがないのなら、きっぱりと気持ちを断ち切った方が良いですよね。

 

元彼のことは何もせずに、あなたは新しい恋に進むべきなのです。

 

自分に自信がないと自分のことをよく見てくれる人にこだわりますが、これが執着するということです。

 

恋愛の場合、魅力的な人と付き合うことで自分も周りからよく見られたいという心理が働きます。

だから相手の嫌だと思う所も目をつぶってしまい、我慢をしてしまうことも。

 

その結果、言いたいことも言えなくなって不自然な関係になってしまうんですよね。

 

執着を捨てる方法のひとつは、環境を変えることです。

 

新しい環境に身を置く事で、自分が目にするもの耳にするものだけでなく、感じる心も変わってくるんです。

 

恋愛は一対一なので、執着しやすいし依存してしまうことも多くあります。

ただ、いびつな関係はいずれヒビが入りやすくもろいものなのです。

 

元彼という関係になったことで、あなたは少し元彼を美化しているのかもしれません。

でも彼がいない人生を歩めば、新たな出会いが待っていることも確かなことなのです。

 

あなたが元彼への気持ちが執着だとしたら、すぐに手放したほうがいいですよ。

手放したら必ず新しい何かがやってきます。

 

別れた彼への気持ちが愛情だった場合

 

別れてから元彼のことを考えるとき、彼の悪いところよりも良いところや安心するところを思い出したりしませんか。

 

愛情は計ることも定義づけすることもできませんが、ただシンプルで分かりやすい気持ちが残ります。

「やっぱり好き」というとってもシンプルな感情です。

 

元彼への気持ちが愛情なんだと気づいたら、はっきりと自分の気持ちを認めてあげましょう。

自分から別れたのに今さら言えないと思うかもしれませんが、それでも好きなんですよね。

 

それなら、もう一度彼の横に並べるよう復縁をめざしてみませんか。

 

復縁は決して簡単ではないし時間が掛かることもあります。

それに自分を磨いて成長させて、相手にもう一度好きになってもらう努力が必要です。

 

でもその分、忘れられない元彼と復縁が叶った時の喜びはひとしおですよ。

 

あなたが元彼のことを思い出して辛いのは、彼のことを思うとあなたの気持ちがずっと後ろ向きだからです。

 

別れたことへの後悔だったり、好きなんて今さらいえないという罪悪感がきっとそうさせるのでしょう。

元彼に嫌われたくないという萎縮した気持ちで、全然前を向いていないと復縁も難しいままです。

 

復縁をしたいと思ったら、その後ろ向きの気持ちを捨てて下さい!

 

思うように上手くいかない時は、ひとりで泣くこともあるかもしれません。

でも元彼の前では絶対に笑顔でいてくださいね。

 

今すぐでなくてもいいので、自分に自信をもち最高の笑顔で元彼に向かえるよう、前向きに自分の魅力をあげていきましょう!

 

まとめ

自分から振ったのに寂しい!辛いのはなぜ?元彼へ未練タラタラなら復縁へ

 

「自分から別れたのに、別れてからこんなに辛いと思わなかった」

別れたあと後悔をするのはホントに辛いですし、自分から別れを告げたのならなおさら寂しいものです。

 

「やっぱりまだ彼が好き」そう思ったのなら、自分の気持ちを認めてあげてください。

 

自分の気持ちを受け入れ、好きなモノは好きなんだから仕方ないと開きなおると、毎日が楽しくなります。

 

もちろん元彼との復縁も夢ではありませんよ!

別れた元彼への気持ちと、自分がどうしたいのかをはっきりさせて前へ進みましょう!

 

あなたの復縁がうまくいくことを願っています!

 

 

おすすめの記事